峯尾塾は沼津市で自分で考え行動する生徒様を育てる社会に出てからも活躍できるように

お問い合わせはこちら

沼津市の塾・峯尾塾の特徴

受験勉強を本当の意味で社会に出てから活かすためには

沼津市の塾・峯尾塾の特徴

よく言われているのは、受験勉強はあくまでの高校や大学などに入るための手段であり、実際に社会に出てからは通用するものではないといったことです。確かに、受験に合格するためだけに勉強していたのでは、そうなりがちです。しかしながら、社会に出てから必要な能力を学ぶことを意識して指導を受けることで、社会でも活きる受験勉強が可能になるのです。
受験勉強を主体的に行い、自分で物事を客観視し、トライアンドエラーを重ねていくことで前に進んでいく、この「じりつ」した心を養うことにも、塾では特に力を注いでまいりました。


自分の責任で考え・判断し・行動することの大切さを学ぶ環境

現代社会においては、グローバル化した世界で、各国が協力しあって共存していこうといったことに意識が向いています。その状況で特に影響力が強い国の一つはやはりアメリカであり、アメリカと対等にビジネスをやっていくには、相応の決断力や主体性が必要不可欠です。このことは、日本人は海外での商談の際一旦持ち帰って集団の総意で決定するのと、アメリカ人はその意思決定権を委ねた責任者を海外に派遣して、その場で決定してしまうといった意思決定のスピードの差としても顕著に表れています。
書類一つを読むときにも国語の読解力が必要であり、また、上司の支持や意図をありのままに理解するにも理解力・論理力・共感力が必要です。物事を大局的に捉える視野の広さや周囲への思いやりの心も大切であり、これらを誰かに支持されたからではなく、自分の責任で考えて判断し行動できる「じりつ心」を養えるよう、生徒様に接してまいります。

今後の変化する社会で活躍する人材に求められていることとは

現代の学習システムは、実は大政奉還後にできた明治政府が完成させたものからほとんど変わっておりません。当時は武力で圧倒的な差があった列強からの植民地化を回避するべく、海軍などの強化が必要であるため、上から何を言われてもその通りに実行できる人材の育成が急務でした。そのため、受け身であることが推奨されるシステムが完成したのです。
しかし、現代では状況がだいぶ変わっています。自分の目で物事を分析し、自分の責任と考えで行動を続ける主体性が求められているのです。そこで現代の義務教育の環境下で、いかに生徒様の「じりつ」を育んでいけるかに着目した指導を長年続けてきました。学習内容を講師と相談しつつも自分で決め、何が得意で何が不得意なのか、なぜ不得意なのか、どの点を改善すれば不得意を克服できるのか、何を目標に進んでいくのかなど、これらの分析や意思決定を可能な限り生徒様に委ねるなどの教育を行います。

入塾テストでのクラス分けをせず平等に学べる学習環境を

生徒様には入塾テストは行わず、学力ごとのクラス分けは行っておりません。優秀な生徒様もいれば、平均的な生徒様もいらっしゃいます。このように能力の違う生徒様が同じ空間で平等に学習できるからこそ得られるものがあるのです。例えば、世界史の第二次世界大戦での各国の思惑が複雑過ぎて頭に入ってこないことに悩んでいたとしても、同じクラスの優秀な生徒様の世界史の勉強方法などから刺激を受け、それに倣った結果課題をクリアできるなどといったことも起こり得ます。
一人では思い悩んで達成できないことでも、実際に達成した方のモデルケースを学ぶことによって、達成できることがこの世には多々ございます。学力ごとにクラス分けしてしまうことは、このモデルケースを知る機会を失ってしまうことに他なりません。学力のレベルに関係なく平等に学習できる環境を整えることで、より多くの生徒様が良い刺激を受けてくださいましたら、嬉しい限りです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。